その他

2012年11月18日 (日)

ブログ読者みなさまへのプレゼント

月に憑かれたピエロ本公演初日まであと少しとなりました。
本公演で中嶋彰子氏がどんなピエロに扮するか皆さん興味津々かと
思います。衣装もメイクも綿密に打ち合わせをなさっていて今までにない
中嶋さんが舞台でご覧いただけると思います。
さて、今回はこの月に憑かれたピエロ公演を記念してパソコンそして
iPhone用の壁紙を皆さんにプレゼントしようという企画です!
月、海、花、ピエロ、そして光。
全て作品の中で使われている言葉をモチーフにした壁紙です。
もちろんセンターにいらっしゃるのは中嶋さんです。
しかもこの月の写真はこの間のスーパームーン!
きっと中嶋さんのエネルギーとスーパームーンのエネルギーが相乗効果を
起こして良い事が起こるかもしれません?!
サイズ1280x1024

Pierrot1280

サイズ1024x768
Pierrot1024
サイズ800x600
Pierrot800
iPhone用
Pierrotiphone

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月26日 (金)

youtubeで見ていたら

youtubeで色々と見ていたら、7月にあった稽古の模様が数秒ですがUPされていました。(ピアノでご出演の斉藤さんが上げられたのでしょうか)

これは皆様にもご覧いただかなくては!




迫力満点ですね。


このつながりで、歌・中嶋さんとピアノ・斉藤さん、そして筝(こと)という珍しい組み合わせでの演奏もUPされていました。
これもご覧いただかなくては!(笑)





素晴らしい演奏でした。
中嶋さんは、積極的に日本の伝統芸能と共演なさっているのですね。

他にもいろんな曲がUPされています。
お時間のある方はリンクをたどってお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

インターネット会議

ウィーンの中嶋彰子さんと、映像作家の高岡真也さん、舞台監督の中村豊さんらで打ち合わせをしました。

金沢とウィーンを結んで。

Zentai


インターネットを使えば距離は関係ありません(時差は関係あります(笑))。

日本時間の17時、ウィーンの朝9時に時間を合わせて始まりです。


Gamen


中嶋さん、ちゃんと映ってますよー。

なんとも便利な世の中です。

2時間たっぷり、映像のこと、舞台セットのことなどお話ししました。

ずいぶん話が進みました。

かなり斬新なアイディアが中嶋さんから飛び出しました。

どんな舞台になるかはお楽しみになさってください。


そして、高岡さんと舞台スタッフは夜の金沢へ消えていったのでした(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

いよいよ!

みなさん、中嶋彰子です。夢幻能「月に憑かれたピエロ」公演記念特別ブログに遊びに来て下さってありがとうございます。私が長年温めてきたとっても思い入れのある企画をついに皆様に12月お届けする事ができて嬉しく思っております。この記念すべき公演に先立ちまして夢幻能「月に憑かれたピエロ」プロジェクトチームによるブログを開設することにいたしました。

このプロジェクトの進行状況や稽古風景を始め、作曲家シェーンベルクの事、月に憑かれたピエロに関する事、私が今住んでいるウィーンからのレポート(ブログ内では「中嶋彰子のウィーン便り」としてレポートいたします)金沢からのレポート等盛りだくさんでプロジェクトチームみんなで更新していこうと思っております。もう実は記事がいくつか書かれていますので、みなさんご覧ください。

このブログを通して、みなさんに夢幻能「月に憑かれたピエロ」をより身近に知ってもらえますよう。

2012年10月1日ウィーンにて

中嶋彰子

この写真に写ってる面々、全員おわかりになる方はほとんどいらっしゃらないんじゃないかしら?
数週間後にはブログを通してみなさん誰が誰かおわかりになると思います。お楽しみに!


Img_6520


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月20日 (木)

A.シェーンベルクのご子息からの手紙

Photo

ウィーンの中嶋彰子さんが、A.シェーンベルクのご子息(まだまだお元気なんだそうです!)から届いたお手紙を、国際便で送って下さいました。

父親であるA.シェーンベルクがどんな思いで作曲していたのか、などのエピソードや今回の公演への賛辞などがつづられていました。今回の公演、かなり期待しているそうです。日本へご覧になりにいらっしゃるかもしれません(笑)。

この手紙は当日のプログラムに翻訳して掲載させて頂く予定です。
お楽しみに!



Photo_2
他にも、A.シェーンベルクの母国であるオーストリアの大使館や、ウィーンのシェーンベルクセンター、金沢能楽会からも応援して頂いています。
ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)