« 中嶋彰子のウィーン便り8 | トップページ | 中嶋彰子のウィーン(東京)便り9  »

2012年11月23日 (金)

月に憑かれたピエロ解説3

さて、今回で邦訳最後となりました。本公演ではお能が入るため、16、17、18曲目はカットし演奏されます。皆さん金沢、富山、東京の会場でお会いしましょう!

15、郷愁(ノスタルジア)

甘美な嘆き--クリスタルのため息が

イタリアの昔のパントマイムから 響いてくる

ピエロは木のように硬く

モダンでセンチメンタルになったことか

そしてそれは彼の心の砂漠を抜けて響く

全ての感覚を通してほのかに再び響く

甘美な嘆き--クリスタルのため息が

イタリアの昔のパントマイムから

そしてピエロは悲しそうな表情を忘れるのだ!

月の蒼褪めた炎の明かりをぬけ

光の海の洪水をぬけ--憧れは翔てゆく

勇敢に上へ向かって 故郷の空へ高く!

甘美な嘆き--クリスタルのため息が

19、セレナード

グロテスクな大きな弓で

ピエロはヴィオラを引っ掻く

こうのとりのように一本足で

彼は悲しげにピチカートをはじく

突然カッサンドルが近づき--腹をたて

この真夜中の名演奏家に

グロテスクな大きな弓で ピエロはヴィオラを引っ掻く

すると今度はヴィオラを投げ捨て
デリケートな左手で
禿頭の襟元を掴み
夢見心地で禿頭を弾く
グロテスクな大きな弓で

20、帰郷

月の光が舵で

睡蓮が船 それに乗り

ピエロは南へと向かう

良い追い風と共に

流れは低い声でつぶやく

そしてそっと小舟を揺らす

月の光が舵で

睡蓮が船

ベルガモへ 故郷へと
ピエロはただ帰る
もう東の方はほのかに明るい
緑の地平線

月の光が舵で

21、おお 懐かしい香りよ

おお 昔話の時代の懐かしい香りが

私の感覚をふたたび陶然たる心地にさせる

茶目っ気のある愚かな大群が

軽やかな空気をふるわせている

幸運を願う事は私を幸せにする

その喜びを 私は長い間卑しんでいた

おお 昔話の時代の懐かしい香りが

私の感覚をふたたび陶然たる心地にさせる

私はあらゆる憂鬱を吹き飛ばし
太陽の光が差し込む窓から
自由にそっと見つめる 愛する世界を
そして幸福が続く彼方を夢見る

おお 昔話の時代の懐かしい香りが

|

« 中嶋彰子のウィーン便り8 | トップページ | 中嶋彰子のウィーン(東京)便り9  »

「月に憑かれたピエロ」解説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月に憑かれたピエロ解説3:

« 中嶋彰子のウィーン便り8 | トップページ | 中嶋彰子のウィーン(東京)便り9  »